コンテンツへ

レサシアンシミュレータのCOVID-19に備える無料のシナリオ

COVID-19に備える無料のシナリオ

コロナウイルス疾患(COVID-19)は医療の危機を招き、病院や救急、長期間のケア施設において重い負担になっています。
レールダルメディカルとパートナー企業はお客様のトレーニングを支援するために、スタッフの事前準備に使える無料シナリオをご用意しました。

合併症がないCOVID-19感染症の疑い(ARI)

救急外来にて発熱、咳、体調不良を呈する55歳男性患者のシナリオです。1週間前にCOVID-19が流行している地域での旅行から帰ってきました。受付はこの患者の診察と隔離をすぐに優先し対応しています。

学習者は器材の準備、個人防護具の準備、患者評価、自宅検疫へのトリアージ、患者教育、専門家チームとの効果的なコミュニケーション、すべての患者に対する標準感染予防策の実施、器材の適切な廃棄することが期待されます。

学習目標:

  • 感染疑いの患者を早期・迅速に認識する
  • 適切な資源(人、物、システム等)の活用する
  • すべての患者に標準的な感染予防と管理(IPC)を適用する
  • 医療施設でのIPCインフラにおける連携とコミュニケーションをする
  • 推定診断に従って標準予防策を常に適用する
  • 急性呼吸器感染症の疑いのある患者の一次評価を行う
  • 重症急性呼吸器感染症と急性呼吸器感染症の区別を行う
  • 安全手順に従って検体採取を検査のために行う
  • 急性呼吸器疾患(ARI)の疑いのある患者に一般原則に従って患者をトリアージする
  • 家族関係など濃厚接触に関する患者情報を取得する
  • 自宅検疫に関する患者への指導・教育を行う
  • 安全な帰宅方法について検討・手配する
  • 手順に従って防護具を外す

シナリオをダウンロードする

重症新型COVID-19感染症(SARI)

事前に来院予定を知らされているCOVID-19の疑いの71歳男性のシナリオです。患者は高熱、咳、胸痛および呼吸困難を訴えて医療相談コールセンターに連絡をとりました。9日前に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されている息子と会っています。2型糖尿病および慢性肝疾患の既往歴があります。

学習者は、器材の準備、個人防護具の装着、患者評価、酸素投与、静脈採血、簡易レントゲンの指示、集中治療室(ICU)または、モニターが可能な急性呼吸器病棟のいずれかでの入院でのトリアージ、患者教育、専門家チームと効果的なコミュニケーション、すべての患者に対する標準感染予防策を実施、器材と防護具を適切に破棄することが期待されます。

学習目的: 

  • 推定診断に従って防護具を含めた標準予防策を適用する
  • 標準的な感染予防と管理(IPC)を適用する
  • すべての物品・器材の準備と使用可能であることを確認する
  • 感染疑いの患者を早期・迅速に認識する
  • 医療施設でのIPCインフラにおける連携とコミュニケーションをする
  • 重症急性呼吸器感染症と急性呼吸器感染症の区別を行う
  • 重症急性呼吸器感染症の疑いのある患者の一次評価を行う
  • 呼吸困難と呼吸器感染への治療を迅速に開始する
  • 院内の感染管理部にCOVID19疑いの患者がいることを報告する
  • 受付へ標準感染予防策の実施が必要なことを伝える
  • 安全手順に従って必要な重症呼吸器感染症鑑別検査の検体採取を行う
  • 重症急性呼吸器疾患(SARI)の疑いのある患者に一般原則に従って患者をトリアージする
  • 標準感染予防策とケアプランについて患者教育を行う
  • 移送先病棟への安全な移送を手配する
  • 汚染された物品・器材を手順に従い取り扱う
  • 手順に従って防護具を外す

シナリオをダウンロードする

Welcome back

Your session timed out whilst you were away. Do you want to continue signed in?

Continue Sign Out