コンテンツへ
ナビゲーションを開く

10 Best Practices in Simulation

1

ディブリーフィング

促進されたディブリーフィングは、イベントのレッスンを撮り、自己改善のために構造的な計画を創造する方法です。ファシリーテータ主導のフィードバックには、イベントに関する議論、反映および長期間の学習を可能にする活動の融合が含まれます。性能に関するフィードバックは、シミュレーション中や後で、インストラクター、同僚またはコンピュータによって受け取ることができます。 

2

その場で復習するトレーニング

短時間でセッションを繰り返す職場での実践機会は、少量高頻度トレーニングとして知られ、能力の維持だけでなくパフォーマンスの向上が示されています。 

3

分散練習

トレーニングは、最低1日のシミュレーション活動の期間を通じて行われなければなりません。実体験のようなシミュレーション練習は、いつでもどこでも必要な場面で使用できるオンデマンド仕様です。

4

カリキュラムの統合

カリキュラムまたはトレーニングプログラムの統合要素として系統的に統合された場合、シミュレーションによる最良の結果を得ることができます。シミュレーションは、シミュレーションを追加的、独立的な練習としてではなく、既存のカリキュラムに統合するべきです。 

5

臨床のバリエーション

例えば複数患者のシナリオといった臨床的文脈内におけるバリエーションにより、得難い臨床経験に確実に触れることができます。 

6

難易度の範囲

課題の難易度または複雑性にはバリエーションが必要です。

7

個別化された学習

トレーニングは、能力に合わせた個別の学習ニーズに対応するものでなければなりません。

8

複数の学習戦略

様々に異なる指示戦略は、患者症例、検討、フィードバック、意図的な配列または課題のバリエーションといった学習の促進のために使用されなければなりません。 サークル・オブ・ラーニングは、複数の学習戦略を統合する系統的方法として使用することができます。

9

定義された結果

予想される結果は、明確に定義され評価されなければなりません。また、向上のメトリクスも定義されなければなりません。アセスメントは学習成果の測定を記述するものですが、評価は、コースまたはプログラムの成果の測定を記述します。

10

有効なシミュレータ

トレーニング課題に関連する有効なシミュレータは、高質のシミュレーションに基づく教育には不可欠です。