コンテンツへ

COVID-19人工呼吸器トレーニング

患者の2~5%がICUでの処置を受けるCOVID-19のパンデミックで、人工呼吸器トレーニングの必要性がますます高まっています。世界的に人工呼吸器が不足しているだけではなく、人工呼吸トを装着した患者を治療する知識も持つスタッフも不足しています。

人工呼吸器のシミュレーショントレーニングがあれば、医療従事者はCOVID-19重症患者の管理方法に関する臨床知識や能力、さらに自信まで身につけられます。

人工呼吸器ソリューション

ASL5000 人工呼吸器管理ソリューションは、人工呼吸器を装着して自発呼吸をしている患者のシミュレーショントレーニングを目的に開発されたものです。COVID-19の侵撃的処置と患者管理に関する主な意思決定を中心としたトレーニングシナリオもご用意しています。

 

ヒトの肺の次に優れている物

  • 極めてリアリティのある人工呼吸器の応答を実現しました。
  • どんな臨床レベルでもPEEPを維持します。
  • 人工呼吸中に自発呼吸している患者のシミュレーションができます。
  • あらゆる呼吸状態のシミュレーションができる機能を妥協することなく備えています。
  • バッグバルブマスク換気、非侵襲的換気、気道管理、人工呼吸、麻酔学など、あらゆる呼吸器治療法で臨床医をサポートします。
  • 患者がウィーニング(人工呼吸器から離脱)可能な状態になっているかどうかの判断の根拠を示します。

無料のCOVID-19トレーニングシナリオのご紹介

IngMar Medicalの協力のもと、ASL 5000 人工呼吸器管理ソリューションを使用するCOVID-19重症患者の管理に関する3つの無料シナリオを作成しました。臨床知識の開発にお役立てください。

3つのシナリオは、単独でも、連続でも実施可能です。内容は侵撃的処置と患者管理に関する主な意思決定が中心です。

COVID-19患者における人工呼吸器管理導入トレーニング

IngMar Medicalとの共同開発。

このシナリオの患者は救急科にてCOVID-19感染疑いのあるとされた71歳の男性です。患者は1時間前に入院となり、集中治療室への搬送を待っています。

学習者には、患者の呼吸状態の悪化をアセスメントし、認識することが期待されます。適切な呼吸感染予防策を講じながら、補助換気の調整を行い、挿管および人工呼吸器管理の必要性を認識することが期待されます。

学習目標 - シミュレーション後、学習者は以下のことが行えるようになります。

  • 重症急性呼吸器感染症患者(SARI)の一次評価を実施できる
  • 患者の呼吸努力を活かす非侵襲的なサポートに変更できる
  • 呼吸安定のために挿管の必要性を宣言できる
  • 挿管をしかるべきタイミングで実施できる
  • 人工呼吸器に接続できる
  • 患者の入院の必要性を話し合うために集中治療室(ICU)に連絡することができる
  • PPEを手順に沿って脱衣できる

シナリオをダウンロードする

COVID-19患者における人工呼吸器非同調対応トレーニング

IngMar Medicalとの共同開発。

このシナリオの患者は、COVID-19感染疑いのある71歳の男性で、救急科にて重症急性呼吸器感染症(SARI)と診断されました。患者は4時間前に集中治療室の個室へ移送されました。

学習者には、患者の呼吸状態を評価し、患者と人工呼吸器の非同調に気づき、患者の換気を最大にするための鎮静の必要性を認識し介入することが期待されています。学習者には、患者とコミュニケーションを取り、接触予防策としてPPEの着用と脱着を含む隔離プロトコルの順守が求められます。

 
学習目標:

  • 推定診断に従い、適切なPPEを含む標準予防策の実施ができる
  • 重症急性呼吸器感染症患者(SARI)の一次評価を実施することができる
  • 人工呼吸器の設定変更により換気の改善を図ることができる
  • 患者と人工呼吸器の非同調の悪化を懸念しチームに相談することができる
  • 鎮静剤の投与量を調整できる
  • 治療の効果を評価するため患者を再評価することができる
  • PPEを手順に沿って脱衣できる

シナリオをダウンロードする

腹臥位療法を必要とするCOVID-19患者の対応トレーニング

IngMar Medicalとの共同開発。

このシナリオの患者は、COVID-19と診断された71歳の男性で、2日前に救急科にてトリアージされ集中治療室の個室へ移送されました。

学習者には、接触予防策としてPPEを含む隔離プロトコルの順守が求められます。学習者は患者のサチュレーションを評価し、適切な呼吸療法を話し合い、腹臥位への体位変換の必要性を認識することが求められます。学習者は役割を分担し、クローズドループコミュニケーションを実施し、鎮静と弛緩が効いた状態の患者を一連の動きで体位変換します。

注意:このシナリオには、患者を腹臥位にする際、誤って抜管するというオプションが含まれています。学習者はその際想定外の緊急事態を認識し、直ちに患者を仰臥位に戻し、輪状軟骨圧迫を実施と挿管をして、人工呼吸器に再接続する必要があります。

学習目標:

  • 推定診断に従い、適切なPPEを含む標準予防策の実施ができる
  • COVID-19による重症急性呼吸器感染症患者(SARI)に対し、プライマリサーベイを実施できる
  • 腹臥位への体位変換の必要性を認識できる
  • 患者の体位を変える前に鎮静、弛緩状態を確認できる
  • 体位変換を一連の動きで行うためにチームメンバーと役割を分担し、コミュニレーションを図ることができる
  • 鎮静、弛緩の効いた呼吸管理中の患者の体位変換を行うことができる
  • PPEを手順に沿って脱衣できる

シナリオのダウンロード

シナリオはこちらからも入手できます。

ASL 5000の互換性

ASL 5000をSimMan、またはSimBabyと接続するとチームトレーニングに、また人工呼吸器に直接接続するとスキルトレーニングにお使いいただけます。

多数の医療手順および患者症例をトレーニングするための高品質な患者シミュレーションです。 多数の医療手順および患者症例をトレーニングするための高品質な患者シミュレーションです。
リアルな全身型成人ワイヤレス患者シミュレータ、SimMan Essential。総合的な臨床機能で気道、呼吸、心臓、循環器系管理の主要スキルを提供します。 リアルな全身型成人ワイヤレス患者シミュレータ、SimMan Essential。総合的な臨床機能で気道、呼吸、心臓、循環器系管理の主要スキルを提供します。

IngMar Medical社と共同開発

ASL 5000人工呼吸器管理ソリューションは、IngMar Medical社により
レールダルのシミュレータ専用に開発されました。

詳細情報を希望します

ご希望の連絡方法を選択してください。
<p>当社は、<a href="/jp/support/customer-service/privacy-policy/" target="_blank">プライバシーポリシー</a>に則り、お客様の個人連絡先情報を慎重に取り扱います。</p>