コンテンツへ
ナビゲーションを開く

Harvey

Harveyー心疾患シミュレータは、様々な血圧、拍動、心音、心雑音および呼吸音ごとにボタンをタッチしてほぼあらゆる心疾患を現実的にシミュレーションできます。

患者ケアを向上する心肺トレーニング

約50年間にわたり、Harveyは実際の患者に使用できるベッドサイドでの心疾患の診断やアセスメントを学ぶため、実績のあるシミュレーションシステムの地位を確立してきました。世界中の50カ国が次世代の医療従事者のトレーニングのためにHarveyを使用し、命を救うためのマイルストーンとベンチマークを満たすため活用されています。

なにが新しいのか?

次世代Harvey®は、すべての医療従事者に心肺トレーニングを提供します。フルサイズのマネキンにより、ボタンをタッチしてほぼあらゆる心疾患が現実的にシミュレーションできます。新しい特徴には20の新たな患者シナリオが含まれます。いくつかは、心拍と呼吸数の増加などが含まれます。教育と評価および理学検査所見の向上のための全50の症状、10の包括的模擬患者ケースをご用意しています。 また、新しい両側上肢拍動およびラップトップによりUMedicおよび将来の LLEAP統合に対応します。

仕様

  • 心疾患症例(計50例)

  • 模擬患者カリキュラム(計10)

  • 持ち運び可能

  • 呼吸音分野(計6)

  • 心音聴診エリア(計9)

  • デジタル駆動インパルス(計12)

  • 修正増幅および強度

  • 病歴聴取用スピーカー

  • 複数の学習環境には、以下が含まれます:
    • UMedicにリンクして自己学習
    • インストラクターが行う小規模グループセッション
    • レクチャー場面

  • 追加的90bpmの新しいHarvey症例10例
    • 正常
    • 無害性雑音
    • 高血圧
    • 軽度僧帽弁逆流
    • クリックと雑音を伴う僧帽弁逸脱
    • 急性心膜炎
    • 軽度三尖弁逆流
    • 慢性重度大動脈逆流
    • 心筋症
    • 重度大動脈狭窄
    10例の新しい症例の追加
    • 軽度収縮期心不全
    • 軽度拡張期心不全
    • 軽度僧帽弁逆流(異形)
    • 中等度僧帽弁逆流
    • 軽度大動脈逆流
    • 心不全を伴う冠動脈疾患
    • 中等度大動脈狭窄
    • 肺塞栓
    • 肺性心
    • 大動脈狭窄および逆流

    模擬患者ライブラリー10例(印刷されたノートブックとDVDデジタルファイル)

    コアカリキュラムの特徴

    Harveyは、現実的な50症状のシミュレーションにより、包括的なカリキュラムを提供しています。これは構造化されており、一般的で複雑性の少ない症状から開始し、よりまれで複雑な疾患へと進んでいきます。

    • 導入プログラム
    • 正常(60および90BPM)
    • 無害性雑音(60および90BPM)
    • 大動脈弁狭窄
    • 高血圧(60および90BPM)
    • 狭心症
    • 急性下壁心筋梗塞
    • 急性前壁心筋梗塞
    • 心室瘤
    • 僧帽弁逸脱(MVP) (60 および90 BPM)
    • MVP、クリックおよび雑音なし
    • 僧帽弁逆流、慢性
    • 僧房弁逆流、軽度(60および90BPM)
    • 僧房弁逆流、軽度(異形)
    • 僧帽弁逆流、急性
    • 僧房弁狭窄(MS)と重度三尖弁逆流(TR)併発
    • MSと軽度TR併発(60および90BPM)
    • 僧房弁狭窄と逆流
    • 大動脈逆流、慢性(60および90BPM)
    • 大動脈逆流、急性
    • 大動脈狭窄(60および90BPM)
    • 肥大閉塞性心筋症
    • 心筋症(60および90BPM)
    • 急性心膜炎(60および90BPM)
    • 原発性肺高血圧症
    • 心房中隔欠損
    • 心室中隔欠損
    • 動脈管開存症
    • 肺動脈弁狭窄
    • 大動脈狭窄
    • ファロー四徴症
    • 心不全を伴う冠動脈疾患
    • 軽度収縮期心不全
    • 軽度拡張期心不全
    • 中等度僧帽弁逆流
    • 中等度大動脈狭窄
    • 軽度大動脈逆流
    • 大動脈狭窄および逆流
    • 肺塞栓
    • 肺性心
You must be logged in to submit this form. If you are logged in and still cannot post, make sure "Do not track" in your browser settings is disabled.