コンテンツへ
ナビゲーションを開く

インパクトアップデート
サステナビリティレポート

私たちが社会全体に価値を提供し、意味のある仕事をすれば、それが結果として十分な経済的結果を生み、時間の経過とともに強い会社を築くことができます

Åsmund S. Lærdal
Åsmund S. Lærdal

Åsmund S. Lærdalのシンプルな哲学は1940年に操業した当時に掲げられたものです。この哲学は今日にも受け継がれています。

下記のアップデートレポートではレールダルが掲げた「2020年までに毎年50万人の命を救う」というゴールに向けた進捗を報告するものです。

レールダルが命を救うのではなく、バイスタンダー、初期対応者、医療従事者が、生命にかかわる状況に応じて必要な対応を行います。私たちの目的は、人命救助を行う方々に、より効果的な教育や装備を提供することです。

アライアンスプログラムは、当社が掲げた意欲的な目標に向けて、着実に進んでいることを確信させるものです。当社の価値観や文化的伝統、人材、環境との関わり方、そして進化するニーズや機会への取り組みが、こうした歩みを支えています。

    

We encourage feedback from everyone who has an interest in the work of our Companies. We will review and respond to the comments on a regular basis. We aim to be open and transparent about our progress, as well as about the challenges we face.