コンテンツへ
ナビゲーションを開く
看護教育

臨床能力の高い看護師をめざして

看護領域は変化しています。今実施されているシミュレーショントレーニングはこの時代の変化に対応できていますか?

過去25年間で看護領域に生じた変化は、看護学生や看護師にとって、より実践的トレーニング(ハンズオン)や、包括的かつ実体験のように感じられるトレーニング経験の必要性を示しています。リーダーシップやコミュニケーションスキル、安全な医療のためのトレーニングといった点が一層重要視されていく中、質の高いシミュレーショントレーニングを体験することは、看護師の方々にとって大変有効です。

これからの時代に求められる看護のために

本記事では、今日の看護師を取り巻く状況を形成した3つの重要な変化について取り上げます。シミュレーションにおけるリアリズム(忠実性)を高めることで、看護師が手技だけでなく、今日の看護環境において必要とされるチームワークや問題解決能力といったソフトスキルも自信をもって習得できることが研究によって示唆されています。 

• 患者中心のケア重視の傾向
• 診断スキルと評価スキル重視の傾向
• 学校での学びと臨床での業務とのギャップを埋める