コンテンツへ
ナビゲーションを開く

SimBaby

SimBabyは、先進幼児患者シミュレータで、幼児ケアのすべての側面に関するトレーニングに理想手的です。現実的な解剖学および臨床機能性により、日常のケアから重大な救急救命まですべての種類のトレーニングに適しています。 

易感染性の小児の治療には、現実的なチームとレーニングを行って、医療従事者が確実に救急救命において重症の小児への反応、診断と治療を確実に備える必要があります。SimBaby™は、フルスケールのシミュレータで、現実的な解剖学および臨床機能性を持つことにより、学習者が練習し、最も若い患者の最善のアウトカムを保証するハンズオン経験を通じて得た完璧なスキルの形成に役立ちます。

効果的なケアと評価

乳児のアセスメントおよびケアは医療従事者にとって多くの困難を伴うことがあります。0歳児の間は、生理学的発達が劇的に変化します。教育におけるシミュレーションにより、学生や医療従事者が、この最も小さな患者の健康と幸せを確保するために必要な基本的および高度な臨床スキルを継続的に向上させるために、学生や医療従事者に準備させることができます。

能力の構築

患者の転帰は、医療従事者の能力に依存します。除細動、チェストチューブの挿入、気道管理といった実際の手技を行うことは、学習者が救急状況に対してよりよく準備ができるように、リスクのない環境で重要なスキルを練習することを可能にします。

LLEAPを使用した操作

LLEAPの使用により、マニュアルモードにおける即断即決の状況でも自動モードでのプログラム済みシナリオでも、シミュレーショントレーニングが簡単で効率的になります。

Laerdalの患者シミュレータは、同じ患者ケースシナリオをご利用いただけるため、より短い準備時間でより高い教育効果が得られます。

成功のための環境作り

シミュレーションの初心者からベテランのシナリオ開発者まで、SimCenterには、使う人が自らの可能性を知るのに役立つツールやサービスが揃っています。、シミュレーショントレーニングの効果を最大限に発揮するためにぜひ一度Laerdal.com/SimCenter をご参照ください

SimBabyは、先進幼児患者シミュレータで、幼児ケアのすべての側面に関するトレーニングに理想手的です。現実的な解剖学および臨床機能性により、日常のケアから重大な緊急事態まですべての種類のトレーニングに適しています。

仕様

正常および困難な気道

  • 頭部後屈、顎先挙上および下顎挙上により気道を確保する

  • 口咽頭および鼻咽頭の気道

  • バッグバルブマスク換気

  • 経口気管内および経鼻換気

  • セリック法

  • ラリンゲルマスク挿入

  • 気管内チューブ挿入

  • ファイバースコープ挿管

  • 胃チューブ挿入

  • 様々な肺コンプライアンス

  • 様々な気道抵抗

  • 舌浮腫

  • 喉頭痙攣

  • 咽頭の腫脹

  • 肺コンプライアンスの減少

  • 右主気管支挿管

  • 胃部膨満

肺システム

  • 様々な速さ、深度、秩序による自発呼吸

  • 両側および片側胸郭の上下

  • CO2排出

  • 正常および異常呼吸音ー両側

  • 肺音:正常、水泡音、捻髪音、喘鳴音、喘鳴および水泡音

  • 酸素飽和度

  • シーソー呼吸

  • 陥没

  • 気胸

  • 片側胸部運動

  • 片側のみの呼吸音

  • 片側ニードル胸腔穿刺鎖骨中央線

  • 片側チェストチューブ挿入

心血管系

  • 速度20~-360の豊富なECGライブラリ

  • CPR圧迫により触診可能な脈拍、血圧、波形およびECGアーチファクトを生成

  • 心音:正常、収縮期雑音、全収縮雑音、拡張期雑音、継続的雑音およびギャロップ音

  • コロトコフ音の聴診による手動血圧(BP)測定

  • 脈拍:ECGと同期した片側橈骨動脈拍および上腕脈拍および両側大腿脈拍

  • 脈拍強度は血圧と連動

  • 3誘導ECGモニタリングによる心臓リズムの表示

  • 12誘導ダイナミックEGC画像

  • ライブ除細動、ペーシングおよび心臓除細動

血管アクセス

  • 肘前窩静脈アクセス、手の甲および大伏在静脈

  • 両側IO/IV挿入脚

  • IVボーラスおよび注入

  • シミュレートされた静脈挿管の血液のフラッシュバック

その他の機能

  • 正常、収縮および腫脹(拡張)瞳孔と相互交換可能な眼

  • 泉門は正常または膨張として存在

  • 胴体動き

  • 声帯音:泣き、内容、咳およびしゃっくり

模擬患者モニタ

  • 高度に構成可能な患者モニタ

  • 以下を含む様々なパラメータのシミュレーション:ECG、SpO2、ABP、CVP、PAP、NIBP、TOFおよびその他

  • マルチメディア性能:放射線科ファイル、メディアファイル、ラボ結果

  • タッチスクリーンの操作

  • 多レベルのアラーム

ソフトウェアの特徴

  • 簡単に操作できるソフトウェア

  • すべてのパラメータに対してマニュアルコントロール

  • トレンドおよび取扱者を含むシナリオは、ユーザーによりあらかじめプログラムするか、SimStoreからダウンロードすることができます。

  • ウェブカメラによる記録

  • 患者モニターおよび室内ビデオの同期された記録とともにイベントログのレビュー

You must be logged in to submit the form.