コンテンツへ
ナビゲーションを開く
改善の方策

レサシベビー QCPR

レサシアンベビーQCPRマネキンおよびテクノロジーにより医療従事者は、最新ガイドラインに従って質の高いCPRを行うコンピテンツを得ることができます。

より効率的なCPRトレーニング

QCPRテクノロジーは、インストラクターと訓練生の両方が、より効率的にCPRパフォーマンスをモニタリングおよびレビューできるように利用されており、効率性とトレーニング時間の価値を改善します。
 
これにより、以下のことが可能になります:
  • 個人および高パフォーマンスチームのトレーニングをより効率的に促進
  • 選択した環境での訓練
  • リアルタイムに複数の個人のパフォーマンス結果の評価
  • チームにディブリーフを提供しながら、個人のパフォーマンスにも焦点

質の高い幼児CPRトレーニング

レサシベビー with QCPRは、フィードバックデバイスとともに使用すると、詳細なリアルタイムの包括的情報を提供します。詳細なフィードバックとディブリーフィング機能により、学生は、CPRパフォーマンスを以前よりよく学習および改善します。

現実的な解剖学により、学生は確実に正確な頭部後屈あご先挙上を行うことができ、適切な胸部抵抗および胸部拳上を経験できます。センサーは、正確な手の位置を示します。

換気システムにより、BVM(バッグバルブマスク)およびMTM(口対口)による現実的な胸部拳上と測定量および速度が提供され、正確な換気テックニックの訓練に役立ちます。

レサシベビー with QCPRは、完全にガイドラインを順守しています。

互換性のあるフィードバックデバイス

SimPad PLUSスキルレポータは同時にマネキン6体までのワイヤレス制御を行います。研修指導者は質の高いCPRの実行に苦労する研修者を直ちに発見して指導することができます。

スキルガイド レサシアン/ レサシベビー with QCPRマネキン用の新しいスキルガイドは、CPRスキルの測定、記録によりスキルを向上させます。小型で携帯でき、軽量であり、操作も簡単です。

レサシベビー with QCPRは、幼児に対する質の高いCPRトレーニングのハイスタンダードを設定しています。フィードバックデバイスを使用することにより、学習者は、明確なフィードバック測定が提供され、追跡、トレーニング改善が可能になります。

仕様

気道の特徴

  • 気道閉塞(頭部後屈あご先挙上、下顎挙上)
  • 現実的な胸郭拳上および下降

ディブリーフィング

  • 記録されたイベントによるディブリーフィング
  • CPRパフォーマンスのクイックレビュー

血圧/心拍数

  • 上腕拍動(パルスバルブ)

CPR

  • 口対口換気
  • フェイスシールド付き換気
  • 脱気付き換気
  • バッグバルブマスク付き換気

QCPRフィードバック

以下の機能は、フィードバックデバイスとともに使用する際に使用できます:SimPad PLUS、SkillReporter付き、またはSkill Guide

  • 換気測定およびフィードバック
  • 胸骨圧迫
  • 圧迫測定およびフィードバック
  • 詳細なCPR評価(SkillGuideでは利用できません)
  • 圧迫カウンター(SkillGuideでは利用できません)
  • 完全リリースのフィードバック
You must be logged in to submit the form.