コンテンツへ
ナビゲーションを開く

新人看護師が侵すミスのトップ5

新人看護師に多いミスのトップ5

1

投薬ミス

米国では、投薬ミスで毎日1人が死亡し、年間約130万人が負傷しています。投薬ミスは、コミュニケーション不足、手書き文字の誤読、薬剤名の混同、用量のミス、ラベリングおよび梱包の混同または薬剤の指示に関する理解の欠如の結果生じる可能性があります。 

2

感染問題

米国の病院だけも、毎年9万9000人が院内感染で死亡しています。 被害は、人間くだけにとどまりません。院内感染により、年間の病院のコストにさらに450億ドルの不要なコストが加わると推定されます。

3

カルテ記入ミス

カルテの記入には、評価、介入および患者の反応が含まれます。正確な記録は、患者の安全を維持するのに不可欠です。不正確または省略によって、有害な転帰につながる可能性があります。 

4

コミュニケーションのミス

新人看護師は、症例を報告する決断をする前に、正しい情報を有していなければなりません。コミュニケーションの欠如は、医療ミスの原因として頻繁に挙げられます。

5

転倒事故

転倒事故が医療ミスの原因となることがあります。転倒事故に取り組む助けとなる方法の1つは、以前の自己の原因と状況を理解することにより、そもそも事故を起こさないことです。弱っている患者を特定、評価し、様々な介入を行います。もし事故が生じた場合、あらゆる負傷を迅速かつ効果的に手当することにより、損害を低減することが不可欠です。また、どこで、いつそしてなぜ患者が最も転倒に対して脆弱かを理解するために現場のリスク管理システムを継続的に確認し、状況から学ぶことが重要です。