コンテンツへ
ナビゲーションを開く

突然の心停止からの生存率を高めるための10のステップ

EMS(救急業務体制)プログラムのベストプラクティスの実践方法を学ぶ

1

心停止レジストリの構築

心停止レジストリは、測定の本質となります。継続的な経足により、実施により経過の向上が変わるかについて判断し、向上のためのさらなるステップを特定する補助となります。レジストリは、患者の生死だけでなく、ケアに関するあらゆる側面に関して測定します。

2

口頭指導の開始

通信指令員は、救命の鎖の重要な最初のリンクです。多くの救急派遣センターにはプロトコールを設置していますが、電話によるCPR(T-CPR)を提供することはできません。心停止を特定し、バイスタンダーを補助するためのT-CPRを提供することは、転帰の改善することが示されています。

3

ハイパフォーマンスCPRの開始

ハイパフォーマンスCPRとは、ハイパフォーマンスチームによる実施です。倒れてからの時間間隔だけでなく、生存率を予測できるCPRの開始まで、CPRの質が非常に重要です。進行中のトレーニングと質を改善するプログラムは、ハイパフォーマンスCPRを確実にするための重要な推奨事項です。

4

迅速な救急車出動の開始

生存率は、CPRおよび除細動が1分遅れるごとに10%低下し、迅速な救急隊の派遣により、スタッフやリソースを追加することなくコミュニティの生存率を5~10%高めることができます。迅速な派遣および派遣時間を測定するために、発症/徴候の明確なリストを備えておくことが必要です。重大な症状について最初に言及された場合は、すぐに派遣を行う必要があります。

5
Man being given CPR with the help of CPR feedback device

プロフェッショナルな蘇生を測定する

除細動器の記録デバイスは、イベントの再現に有用な情報を提供するデジタル記録を作成します。1秒ごとの心臓のリズムとデジタル音声に同期したCPRのにより、心臓イベントの全体像のレビューおよび学習することができます。 

6

ファーストレスポンダーのためのAEDプログラムの開始

公共の安全または警察およびその他の警備員などのファーストレスポンダーは、心停止からの生存率を高める可能性があります。あるコミュニティでは、警察官による除細動器の使用を採用することにより、生存率は著しく改善されています。これを成功させるためには、全警察官とEMSによる全面的なサポートが必要であり、すべての警察官は、ビデオやウェブベースのトレーニングではなく、直接教えてもらうべきです。

7

スマートテクノロジーを使ってCPRとAEDを拡張する

心停止の応答は、チームの努力です。スマート技術は、心停止の現場に居合わせたボランティアのレスポンダーへの警告および最も近くにあるAEDの場所を特定するのに有用です。EMSより前にボランティアの救助者が現場に到着する可能性は、成功の確率を向上します。

8

CPRとAEDのトレーニングを義務化する

全般的にCPRのトレーニングを受けた集団は、生存率が2倍になる可能性を秘めています。多くの国では、何年もの間、学校のカリキュラムの一環として、CPRのトレーニングを必修としています。米国では、34の州が、CPRトレーニングを高校の卒業要件にしています。それは、200万人以上の学生が、毎年CPRのトレーニングを受けていることを意味します。

9

地域への説明責任

年間のEMS実施報告書は、コミュニティの責任を決定する最良の方法です。実施について透明性のあるシステムにより、重要な情報が共有できます。情報は、結果が良好な場合、組織を促進するために使用することができます。結果が良好でない場合、情報は、コミュニティのリーダーや政治家が向上するための努力に対する投資の動機づけとするために使用できます。

10

ビ卓越した文化を目指して

優れた文化の創造と育成は、最も困難なステップです。優れた文化とは、高い期待と高性能がケアの基準を定義する組織のメンバーにより知覚される暗示された気づきです。それには、堅固なビジョンと長期的計画によるリーダーシップが必要です。優れた文化を維持することは、進行中の実施の質を必要とします。