コンテンツへ
ナビゲーションを開く

リトルアンQCPRに関するよくあるご質問

製品に関するFAQ

換気量不足の場合はどのように表示されますか

換気についは一定量からカウントされます。つまり換気量不足の場合は換気回数としてカウントされません。

スマートフォン用アプリケーションを使用するデバイスの必要要件について

リトルアンQCPRのインストラクターアプリおよびラーナーアプリを使用する際、デバイスとリトルアンQCPRとの通信は、Bluetooth 4.0以上の規格に対応したデバイスと一定のOSが必要になります。対応品は以下の通りです。 

  • iOSデバイス

デバイス

対応品

非対応品

iPhone

4S以降

3G、3GS、4

iPad

3以降、Airすべて、Proすべて

初代、2

iPad Mini

すべて

iPod Touch

5以降

初代、2、3、4

 

  • iOSバージョン

インストラクターアプリ:9.0以降 ラーナーアプリ:7.0以降

 

  • Androidデバイス

AUキャリアの製品の搭載Bluetooth規格は、こちらから一覧で確認できます。

https://www.au.com/developer/android/kishu/bluetooth/

 

他キャリアの製品は一覧表がなく、機種も多岐にわたるため、お手数ですが各キャリアやデバイスメーカーのウェブサイトにて個別にご確認をお願いします。 

  • Android OS:4.4.2以降
  • AndroidデバイスScreen解像度:480×320以上

リトルアンQCPRとレサシアンwith QCPRの違いについて

リトルアンQCPRはバイスタンダー(一般の方)、レサシアンwith QCPRは救命士などの医療従事者向けのモデルです。
機能的な違いについてこちらよりご確認ください。

手元にある「リトルアン」をアップグレードキットにて「リトルアンQCPR」にすることができますか

非常に古いリトルアンでは構造上、QCPRアップグレードキットの適用対象外のものがございます。スキンの固定穴の位置、および胸骨の構造の違いで判別いただけます。詳細はこちらよりご確認ください。

リトルアンQCPRセンサーユニットの電源について

胸骨圧迫を一度行うと電源が入ります(電子音が鳴ります)。
何もせずに30分放置すると、自動的に電源が切れ、デバイスとの接続も切断されます。その後使用する際には、再度電源を入れた上で、デバイスとのBluetooth接続を行う必要があります。
※デバイス側のBluetoothをOFFにすることで接続が切れます。その状態から5分経過することによっても自動的に電源が切れます。