コンテンツへ
学生が学生を教える

リソースの大半を作る

学習機会の向上

シミュレーションを運用できる教師スタッフが制限されていることは、しばしば、トレーニング施設およびトレーニング装置といった価値あるリソースがあまり使われないことになってしまいます。この余った許容性は、投資に対して少ないリターンしか提供せず、結果は学生のトレーニング時間の減少となります。重要なのは、練習する機会の欠如は、コンペテンシーと自信を育てるための学習者へのハンズオン経験が少なすぎる結果となります。学生が学生を教える方法では、意図した練習と学習のマスターを可能にします。

 

ともに学ぶ

同僚とともに学ぶことが定式化されることは、重要なスキルおよび手技の学習または練習の効率的で効果的な方法です。リソースが拡張し、スタッフへの需要が増加する時点で、ピア対ピア学習は、学生にお互いという価値あるリソースを活用する機会を提供します。また、この方法は、シミュレーションおよびでブリーフィングがある場面でトレーニングを受けた教師に依存しないため、従来の教育および学習法より多くの練習を可能にします。

ピア対ピア学習により、小グループのメンバーがお互いを異なる定式化されたトレーニングシナリオにおいて、導くことができます。シナリオは標準化されており、多くはスコアリングとフィードバックを内蔵しているため、学習者グループがコンペテンシーと自信を得たと確信するまで、自分の練習ができます。これは、「マスタリーラーニング」または「意図的練習」として知られています。また、このような学習は、通常学習者が同じコホートまたは病棟の同僚からなるため、利点が多くなります。これは指導や設計され、スタッフにより実施される活動にとって代わるものではなく、指導および学習活動を補完し、全体的な教育の質を向上させるものです。

レーダルはどのように支援できるできるでしょうか

Laerdalは、学生がお互いにトレーニングができるソリューションを提供します。複数間でのプグラムは、内蔵されたスコアリングによりステップバイステップのガイダンスを提供し、学生が安全な環境で基本的スキルをお互いに教え合うことができます。当社のプログラムは、すべての教育機会に利用され、結果として、より包括的な学習が可能になります。

詳細情報を希望します

ご希望の連絡方法を選択してください。